☆ちょっと変顔☆ 立ち耳ジャックラッセルテリアとの日々

〜フィリピン生活も早2年目に!!相棒ノエルとの日々を綴ります〜

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

わんこと行くボラカイ島(1) 〜出航から港到着まで〜  



クリスマス翌日の12月26日夜、
船に乗りボラカイ島へ向けて出発。

到着は翌朝7時、約10時間の船旅のスタートです。

フィリピンといえばセブ島が有名ですが、
ボラカイ島って・・・うーん、たぶん知名度は低いでしょうね。


この島のことを知ったのは、もう20年近く昔の話。

当時、お友達の彼氏がマニラに赴任していて、
フィリピンで一押しの場所とのこと、
その美しさといったら、まるで天国・・

そんな話を聞いてから「いつか行ってみたい!」とは思いつつ、
仕事に追われる日々、結婚、引っ越し、転勤と
慌ただしい人生を送っているうちに、
気付けば、20年弱の月日が流れていました。

そんな念願かなっての今回の旅。

あの美しい海が見られるなんて・・と、
ワクワクしながらこの日を迎えたのでした。
(とはいえ、事前の準備やなにやらで、直前までかなりバタバタ・・笑)

さて、そんなボラカイ島ですが、
マニラから行くルートとしては、一般的にはおそらく飛行機。

なにせ1時間程度のフライトですから、あっというまに最寄りの空港に到着。
(ただし、この空港からボラカイ島までが、けっこう時間がかかります)

参考までに、日本からのツアーはこんな感じ。
ボラカイ島ツアー


フィリピンに住んでいるので、飛行機ならラクラクの旅なのですが、
ペットを連れてとなると、日本国内同様に
グッとハードルが上がってしまいます。

じつは今回ノエルさんを連れて行くにあたり、
ネットでいろいろと調べましたが、

「わんこ連れでボラカイへ行った」「ペットと船に乗った」

こういった情報がなかなかなくて苦戦。

こちらでもボラカイへ行ったという友人もいるのですが、
わんこはペットホテルに預けたとのこと・・

「あぁ、本当に大丈夫なのかなー」と、不安に。

悩んでいても仕方ないので、
とりあえず船会社に電話して、聞いてみることに。

早口で半分程度しか理解できなかったものの、
とりあえず犬はOKで、料金は150ペソ。
(400円位。聞き違えたかと思いましたが・・笑)

あと、乗船前に許可証の取得が必須とのこと。
(これがないとペットは乗せてもらえないらしい)



その許可証とは、こちら ↓
IMG_2311.jpg


これはお役所のようなところでしか取れないので、
夫に取ってきてもらいました。

あとは、重さやケージの大きさの申告、ワクチン証明書の提出など
まるで飛行機さながらの煩雑な手続きが必要。

ならば、飛行機で行けば良かったのですが、
旅行会社に問い合わせたところ、
ボラカイ(最寄り空港は、カリボかカティクラン)へのフライトはペットNGとのこと。

また、個人的にも船のほうがリスクが低いと思ったので、
船にしたというわけです。




そんなわけで、なんとか無事に乗船できたノエルさん。
置かれている場所は、なんと通路。
IMG_2295.jpg

最初、この奥のドアから船に乗り込んだのですが、
すぐ「ケージはそこに置いて」と言われ、客室へと誘導されそうに。

この後どうするのか、どこへ持って行かれるのか
心配で聞いてみたら、なんと一晩中ここに置きっぱなしとのこと。

どこか別の場所で保管してくれるのかと思っていたので
ちょっとビックリ。

でもここから階段をのぼれば、
フロントや客室につながるフロアがあり、
いつでも様子を見に来られるので、それはそれでよかったのですが。。

真っ暗で、エアコンの効かないような部屋に入れられたら・・など、
かなり心配していたので、よかったです。





IMG_2300_20160103102557019.jpg

こちらがそのフロント。

左手には売店、右に進めば客室です。
その上の階にはカフェテリアなんかもあります。

船内もキレイで、思った以上に快適に過ごせました。
また帰省客や旅行者など、たくさんの人でにぎわっていました。





IMG_2303.jpg

そして客室。

時期的なものもあって、ほぼ満室状態。
予約を入れたのが12月に入ってからと遅かったので、
その時には、もうこの大部屋しか空きがありませんでした。

 スリなどが多いフィリピンなので、
 念のため自転車用のチェーンキーを持っていき、
 スーツケースとザックはベッドの柱にロック、
 貴重品は常に持って移動してました。




IMG_2304.jpg

予約の段階でベッドの位置が決まっていて、
わたしたちのベッドは、こちらの下の段。

ちょうど壁側の1番奥だったので、
人の出入りも少なく静かでよかったです。

ただ、異常にエアコンが効いていて、寒くて寝付けず・・
(事前に乗ったことのある知人から「ダウンがいるよ」との情報。納得。)

また、ノエルさんのことも心配で、
夜中に何度もそっと様子を見に行ったりも。

でも、迎えにきてくれたと勘違いさせては可哀想なので、
見つからないように、こっそりのぞく程度。

じつは最初、「クウゥーン(待ってー)クウゥーン(おいてかないでー)」と
(まぁ、勝手な想像ですが・・笑)
悲痛な声を出していたので心配したのですが、
姿が見えなくなると鳴き声も止み、すぐに諦めた様子。

「朝には迎えに来るから、それまでがんばってね」

そんな思いで見つめてました。







IMG_2307.jpg

そして翌朝。
デッキは、日の出を眺める人たちでいっぱい!






IMG_2317_20160103102915398.jpg

到着直前になると、みなさん出入り口付近に押し掛け大渋滞。

犬がいるので少しでも早く降りたいとスタッフにお願いすると、
ケージを運んでくれました。
(チップをお渡ししてますけどね・・笑)


船を降りてからまず向かったのは、犬の許可証を取る事務所。
必要書類はそろっていたので、10分ほどで終了。



IMG_2320.jpg
            『これ、だれの?』         

これで帰りの船もOK。

本来なら、行きと帰りの分を一緒に取れれば手間も省けるのですが、
なぜか帰りの分は現地でしかダメと言われたようです。








IMG_2321_201601031029186d5.jpg
                                  『はやく行こー』
ノエルさんの許可証も取れたことだし、
さぁ、行きますよー。






IMG_2324_201601031029202d9.jpg

ボラカイ島までは、こちらのボートで移動。
15分程度で到着です。




IMG_2334_20160103102959188.jpg

無事ボートに乗り込み、ノエルさんはお膝の上に。
まるで乗客のような顔をして、リラックスしてます。

途中、となりの赤ちゃんに顔をペシペシ叩かれても
表情ひとつ変えないノエルさん。
(これ、飼い主がやったら、かなりガウガウします・・笑)





IMG_2331_20160103102957139.jpg

そして、振り向けば乗ってきた船が・・

それでは、いよいよボラカイ島へ向けて出発です!

自分自身への記録でもあるので、大切なところは細かく記しています。
まだまだ続きますが、よろしければお付き合いください。

それにしても、ここまで長かったぁ・・笑


 追記:赤いバッグのチワワさん、あけましておめでとうございます!
     そしていつもありがとうございます。
     素敵な一年になりますように〜☆






          *今日もご訪問ありがとうございました*
           にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
                 にほんブログ村

category: ■2015ボラカイ島 with わんこ

thread: 犬のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 2

コメント

遅ればせながら、明けましておめでとうございます(^v^)

ノエルさん、飛行機に続き、今度は船ですか・・・
クレートインしなきゃいけないのは辛いけど、どこへでも
パパとママと一緒でうれしいよね(^v^)

ウチの子たちも車でお出かけが大好きなので、こちらが荷造りしていると
「置いていかれちゃいけない」ってワンワンうるさいんですよ。
最近はワンコと行かれる場所が増えてきたけれど日本はまだまだかなぁ
って思います。

  今年もブログ、楽しみにしています。

URL | ジャック君ママ #-
2016/01/04 21:04 | edit

*ジャック君ママさんへ*

あけましておめでとうございます♪

ノエルさん、犬生初の船の旅!
だいじょうぶかなぁ・・と心配したのですが、
船内でも吠えることなく静かにしていてくれたのでよかったです。
(まぁ、淋しい思いはさせてしまいましたけどね・・)

国内旅行も、やっぱりわんこ達と一緒に行きたいですよね。
わんこも当然一緒に行くものだと思ってるし・・笑
ワンワン鳴いてアピールしてるんですよね。

ボラカイ島の旅、まだまだ続きますので
よかったらご覧になって下さいね。
本年もどうぞよろしくお願いいたします☆



URL | シエラ #-
2016/01/05 09:48 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。