☆ちょっと変顔☆ 立ち耳ジャックラッセルテリアとの日々

〜フィリピン生活も早2年目に!!相棒ノエルとの日々を綴ります〜

ある一冊の本  

この本と出会ったのは1年ほど前。

ノエルさんを家族として迎え、その暴れん坊ぶりに精根尽き、
加えて、実家の愛犬が行方不明になった頃だった。

人生なんて山あり谷ありなんだろうが、
この時はまさにどん底だった。

そんなときに出会ったのが、この本。

「ダメ犬グー11年+108日の物語」


  IMG_4691_20150213152129abf.jpg

いつかは向き合わないといけない愛犬との別れ。

そんな日が来るんだということをいつも心に留めて、
日々過ごしていこうと再認識させられる一冊。

そして、かけえがえのない相棒を失った
あの人に読んでいただきたい一冊でもあるのです。

今日もご訪問ありがとうございました。


”海外おとりよせ犬グッズのお店” 
 『Sierra Garden』



ペット(犬) ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

category: *おすすめのモノ

tb: 0   cm: 6

コメント

うわ〜。この本、子どもと図書館に行った時に見つけて号泣しながら読んだ覚えがあります(ToT)/~~~

URL | メイママ #osLKH8Pg
2013/09/13 19:34 | edit

メイママさんへ

>メイママさんへ

そうそう、これ泣けちゃうよね。
とってもシンプルなストーリーだけど、好きなのよね、この本。

URL | シエラ #-
2013/09/13 22:33 | edit

知らなかったので、是非読んでみたいな。
バカ凡パパはは事あるごとに「絶対にワシらより先逝ってまう。生き物を飼って後悔するのはそれが嫌やから」と
言ってきた。凡を迎えて絶対にあるであろう出来事は
よっぽどの事がない限り避けれるものでは
ないであろう。
今日もその話になったが、悲しい、非常に悲しい、
けどそれまでに私たちに与えてくれた幸せは
何事にもかえることはできないのではないかと・・・
常日頃から、こうしたら喜んでるのではなんぞ
考えながら色んな場所に連れていったり
色んな経験をさせてやりたいと思って行動しているが
果たして、本犬からしたらありがた迷惑かもしれない。
自己満足に過ぎないかもしれないが、
愛しているからこそ・・・と思いながら
これからも平凡な生活が送れればありがたいと
思う今日このごろである。

URL | バカ凡のママ #-
2013/09/13 22:49 | edit

凡くんのママさんへ

>凡くんのママさんへ

凡くんパパ、いい人だぁ〜(涙)
さすが凡くんママが選んだ人だけあるわ。

犬の生涯って人間に比べたら、せつないほどに短いんだよね...
だから一緒にいられるうちに、いろんな経験をさせてあげたい、
いろんなところへ一緒に連れて行ってあげたいって気持ち、
すごくよくわかる。

凡くんママの言う通り、なにげない平凡な生活、
じつはそれが一番幸せな状態なんだよね。
(そのブログのタイトル、好きよ☆)

人も犬も、生まれたその時から死に向かって歩きはじめているわけで、
それは決してさけては通れないもの。
だからこそ、今という時を大切に大切に過ごさないと
いけないんだと思う。

良い本なので、ぜひ読んでみてね!!

URL | シエラ #-
2013/09/14 06:45 | edit

ダメ犬グーなんか表紙かわいい~~
一度読んでみたいなぁ~

愛犬との別れってホント辛いと思いますね。
しつけ教室の先生も6頭飼ってらして現在は
1頭だけ。
別れは悲しいけど春夏秋冬のふとした景色を見ると
あぁ~ここで遊んだとか思い出が甦ってくるし、
あの子たちはいつも私の胸の中にいますから、と
話して下さったのがジ~ンときて心に残ってます。
ほんとそうだと思う。
ありがとうってことしかあの子たちにはないし、
何気ない毎日だけど大事にしていきたいなぁ^^

URL | マユメイ #4cyj3Qzg
2013/09/14 17:31 | edit

マユメイさんへ

>マユメイさんへ

ダメ犬グー、かわいいでしょ〜☆
中にも挿絵がたくさん入っていて、めちゃめちゃ可愛いですよ♡
わんこを我が子のように愛している人なら、
『そうそう!』ってうなずいちゃうところとか、
クスッて笑っちゃうとことかあるし、でもやっぱり悲しくて涙しちゃうとこも・・。

しつけ教室の先生の言葉、なんか分かるなぁ...
いつまでもその人の中で生き続けているんだよね。

ぜひ読んでみて下さいな☆

URL | シエラ #-
2013/09/14 18:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://watashinookiniiri1.blog.fc2.com/tb.php/140-74da284f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)